2019.05.30 Thursday

工作旅行 ベトナム 

 


ベトナム ハノイの続き。

 

まちのあちこちにある屋台。

東南アジアでは珍しくないけど、

これは飲食店や物販店の最小単位で原点です。

おばちゃんの担ぐカゴの中には必要なものがすべて入っていて

一歩も動くことなく、ささっと商品をお客さんに渡す。

持ち帰りの容器もちゃんと準備されているし、

イスもテーブルも完備。

もうカゴの中に小さな宇宙がある感じ。

 

たくさんの人が働く大きなお店もこれが基本で、

こういう風景を知るのと知らないとではデザインの着地点が違ってくると思います。

 

よく「しゃれた店を作って」というリクエストを頂くのですが、

しゃれてる というのは商売がうまく回るための一つの要素であって、

もっと根源的で背骨のような根っこのような大事なものが

ハノイの路上にはむき出しでゴロゴロしています。

 

 

 

 

 

 

kousakusha | | 11:22 | comments(0) | -

2019.05.28 Tuesday

工作旅行 ベトナム 

 

 

 

 

工作旅行、みんなでベトナムに行ってきました。

相変わらずエネルギー溢れるまちです。

 

1日10軒の飲食店を巡る、

⊇匹亘萋変える、というルール。

 

,7・8軒目あたりから辛くなってくるのですが、

そういう場所を作る仕事をしている我々はとにかくたくさんの店を見るべきだと思っています。

良い店だけでなく、居心地の悪い店を経験することもまた必要。

内装や家具うんぬんもだけど、お客さんの動きや気持ちを知ることもとても大切で、

それはフィールドワークでしかわからない。

 

△廊,陵彖任發△襪掘安定・安心しないほうが感性が敏感なまま過ごせるかなと。

人と話したり道に迷ったり、せっかく旅に来てるのだから、

いつもと違う世界とのタッチポイントをできるだけたくさん持ちたい。

 

とはいえそんな小難しいことばかり考えてるわけではなく、

みんなで同じ部屋に泊まり、

ビールをのんでまちを歩きまわったりする時間は

最高のチームビルディングになります。

いい旅でした。

 

kousakusha | | 08:33 | comments(0) | -

2019.01.27 Sunday

永康街


ジャンクやアンティークや玉石混交の照明屋。

おやじ、また不在。

安定の不在。

 

以前、約束の時間に行っても居なくて

時間潰しに近所を散歩してたら、

カフェでのんびりお茶飲んでるのを発見したこともある。

きっとそんなことだろう。

 

街はずれだったこのあたりもカフェやショップが増えて来た。

kousakusha | | 18:56 | comments(0) | -

2018.09.30 Sunday

社員(と)旅行

久々の「社員(と)旅行」。

タイのバンコクからほど近い、水辺の田舎町を巡ってきました。

空港への車中で最初の目的地をなんとなく決めて、あとは行き当たりばっ旅。

 

日本に浸かっていると精度良き・品質良きものに囲まれて

それをスタンダードと思ってしまうけど、

もっと僕らの生活は自由だし、やり方はたくさんあるし、思考のレンジは広くあるべきだ、

と常々思ってます。

 

若いスタッフともそういう考え方と価値観を共有したいのです。

見るのが早いし体験しなければ感じれないから行ってきました。

 

川辺の商店街、水上にせり出した歩道。

ヨーロッパは石、モンスーンアジアは木。美しい。

 

棺桶屋さんの工場を見学させてもらう。

生前の予約販売もしてるそうで、名前シールの貼ってある棺桶がたくさん積んであった。

 

色使いが素敵なのバス待合所。

 

なかなか来ないバス待ち体験。

来るのかい、来んのかい、結局来んのかーい!

 

バンコクから南に車で2時間ほどの場所に

まだ素朴でラブリーな田舎町が残っていました。

よそ者の勝手なエゴだとはわかっているけど、

こんな風景を残して欲しいと思ってしまいます。

 

 

 

kousakusha | | 10:41 | comments(0) | -

2018.08.19 Sunday

asia

アジアを歩いていると

懐かしさと温かさと少しの後悔みたいなものが混線した感覚にぎゅーとやられることがある。

自分のルーツに触れている瞬間なのかもしれない。

 

もし本当に、征服ではなく融合がぼくらの歴史なら誇らしい。
https://news.yahoo.co.jp/byline/nishikawashinichi/20180713-00089026/

 

 

kousakusha | | 10:03 | comments(0) | -

2018.08.15 Wednesday

don det

 

メコンを渡るボートを降りると小さな港町があった。

カンボジア国境へのバスが出るまでしばらく時間がありそうなので

ちょっとだけまち歩き。

スコールが上がったばかりの市場の奥に食堂を見つけた。

よくわからないながら注文すると

よくわからないなりに、これでも食べときな、って感じで出てくる。

ぼくの舌の順応がすばらしいのか、何食べても旨い。

 

おばちゃん、トイレどこ?と聞くと

「そこだよ」と指差して大きな木の札がついたカギを貸してくれた。

 

満腹。

このままバスに乗り遅れても別にいいけどなんて思いながらバス停に戻る。

残念ながら西洋人のバックパッカー達がまだ暇そうにしていた。

 

 

 

 

お盆を家でゆっくり過ごしてたら

実写版の深夜特急見つけた↓

https://youtu.be/gKZXOIJU52Y

 


 

kousakusha | | 15:23 | comments(0) | -