2016.02.19 Friday

君想うツバメの暮らし オープン!

倉吉駅前で黙々と作ってた居酒屋
「君想うツバメの暮らし」
本日オープンしました。
めでたい!

旧店舗「からり」からのリニューアル。
店長も経営も変わらず、アップグレードして営業です。

工事をしていると旧店めあてのお客さんが来られて、
新しいお店に期待の言葉をもらえることもあれば、
「なんだか入りにくくなっちゃった」的感想を頂くこともあります。
「変わる」ということは良いことばかりではなく。
信じるものや遠くに見える光を信じるしかないと想ったりします。

マーケティングもターゲティングも大事だけど
動物として心地よいのは何かとか、
何食べれたら嬉しいかとか、
そういう本質を見失わなかったら
普通の規模のお店はちゃんとやっていけると信じています。
頑張ってください!

バタバタしててちゃんと撮れなかったけど・・・






 

kousakusha | 君想うツバメの暮らし | 20:01 | comments(0) | -

2016.02.10 Wednesday

君想うツバメの暮らし


倉吉の駅前に新しいお店を作っています。
「君想うツバメの暮らし」と長い店名ですが、
数日反芻していると、情景が浮かぶ良い名前だな、と思えてきました。

炭火焼の居酒屋、
大人のファミレス、て感じです。

小さな町では知り合いに遭遇することも多く、
1Fの路面店の計画では
外からどの程度店内を見せるのかということに悩みます。

,客さんは基本的に外から見られたくない(お客さん目線)
 ・・・落ち着く店
外から中の様子が見えると新規のお客さんを獲得しやすい(お店目線)
 ・・・入りやすい店
E稿發粒莎い籠わいを外に発信すると楽しいまちなる(まち目線)
 ・・・エリアに影響を与える店

は直接お店の利にならないようにも感じますが、
長期的・俯瞰的に見るとエリアの雰囲気というのは商売を大きく左右します。
良いお店の近くには良いお店ができるし、
良いエリアになれば商売も上向く。

腕組んで外から眺めたり
いすを持ってきて中に座ってみたり、
´↓のベストミックスを考えるわけです。

なんてことをボソボソ言いながら工事を進めております。
以前の様子(同じアングル)↓





 

kousakusha | 君想うツバメの暮らし | 11:09 | comments(0) | -